■derniere nouvelles
■categories
■galerie de photos

■calendrier

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■tags
■profils
■-inscription-mail

ご住所、お電話番号のない方へのお返事はご遠慮させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■archives
■links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
貼りました♪張ってます~
今年のヨーロッパは大寒波で始まりました。
パリも1月初旬は零下の日々。

1月終盤アムステルダムカルトナージュのレッスンに参り、
先々週辺りはそこかしこの湖や池でスケートを楽しんだ♪と話題に上りました。
ちょっとうらやましい・・・・・・・。

ほぼ月一回のレッスンでは進度もゆっくりなので1つの作品にいろいろなテクニックを
織り込み、尚且つ、初級とは言えども皆さんモチベーションも高いので
高度な宿題もこちらから要請し、今回もホントにホント素敵な作品
完成しました。
作品は一見ただのA4サイズのボックスですが、
カルトンの組み立て法から始まり、モチーフや縁を入れ、
色あわせも自由にコーディネーション
していただ来ました。レッスン時間中盤を過ぎると皆さん楽しい会話が
ぐぐぐっ~と減り、製作に集中か?はたまた気力切れ寸前なのか?
というところで完成しました。

    DSCF0314_convert_20090131232428.jpg
                      DSCF0315_convert_20090131232550.jpg

慌てて撮った写真はおおブレですみませんが雰囲気味わってくださいまし。
壁掛けにしてもよし!飾ってもよし!
実用的にA4サイズの書類をドサっといれてもよし!ですね。

糊でぺたぺた貼って、貼って張りまくりましたが・・・・・
肌寒い帰り道またもや運河も氷が~張ってきました。ブルッと寒気の予感。

  




スポンサーサイト
vue de atelier*レッスン | 10:29:11
Nちゃんの苦悩とMちゃんの野望
Nちゃん・・・・カルトナージュの腕前はかなりのもの。
必ずレッスンで新しい作品を作り始めると、自宅でもうひとつ復習は当たり前!
基本型はほぼ習得済みと学習熱心な彼女。
最近のレッスンはどんなモノを作るか相談しながら大きさや型を決めて設計していく。
まだ学習していない【放物線?流曲線?】をやってみようよ~!ということで図面学習開始!

う~ん・・・・・レッスン時間約3時間半、定規とコンパスと格闘。
トホホ~どうしても線がつながらない!!!!
家でやってきますぅ~とカルトンを持ち帰りましたが、やっぱり納得のいく流曲線が
描けず悩んでいる。

    DSCF0316_convert_20090131232203.jpg

頭の中では算数の図形学習は出来ているはず。がんばれNちゃん!
どんな流曲線だって、ちゃっちゃって描けるようにいつかはなれるよ~あきらめないでね!


野望を抱いているMちゃん・・・彼女も毎度洒落た色あわせで作品をお作りになる。
次回は日本のお母様が筆習字を教えていらっしゃるので
筆立てをプレゼントしたいと思い描いている!
先日彼女からメールが届いた。
【筆立てをイメージしているのですが、こんな感じで・・・・ご相談♪】
パニエ風!丸みを帯びた!ハンドルはスーパーのパタンとできるもの?
お母様はフェミニン好みetc・・・。うぅ~んどんな風にしようかな???

・・・・とMちゃんのことを書いていたら今、その本人から電話。
本日はエルメスのセール最終日。彼女も私も最終日しか行く時間がなかったので
一足先に会場から実況中継~。

さあ、夏のサンダルでもゲットしてこようかな???

Mちゃんの野望作品は~今夜からイメージしながら寝ます。




vue de atelier*レッスン | 16:05:38
迎春 -年末年始今年の場合あれこれ-
明けましておめでとうございます。

昨年中、お越しいただいた皆様、レッスンに参加していただいた皆様、
新米のHPを閲覧してくださいました皆様、更にお問い合わせいただきました皆様
ありがとうございました。2009年も引き続きよろしくお願いいたします。

子供たちのクリスマス休暇も今日で終わり、ほっと一息です。

フランスで迎えるお正月は日本人にとっては味気ない節目なのですが
それでも縁起を担いで年越し蕎麦はいただきました♪
主人は年末年始をモロッコのサハラ砂漠に出張なので男衆は愚息一人。
それに引き換え女衆は6人。日本から遊びに来ている某出版社モード誌のエディターAちゃん、
もう一人日本から臨床検査技師のBちゃん、パリ在住なんだけど
ご主人が南米密林出張中のCちゃん、そして我が母、我が娘とわたし。
気付けば外で新年を祝う声がしてきました♪
まだまだ、話は尽きそうもなかったのですが・・・・・我が家の元旦は厳寒のディズニーランドに
友人家族と行く約束をしていたので短い眠りにつくことにしました。

017_convert_20090104213016.jpg
さぶ~くてシャッターもうまく切れませ~ん。

子供たちは4人、朝から約9時間、親元離れて寒い園内を駆け回り、親たちはお茶のはしごという
一年の始まりでした。

2日、3日は8時間の時差を乗り越えて箱根駅伝をON TIMEで観戦!で楽しむ予定でしたが、
娘がカルトナージュをしたいというので仕方なく・・・・
箱根駅伝と箱作り!?
やり始めるとこちらもちょっと気分が乗ってきて
久々にお正月風に3段重箱にしよ~と。
                       015_convert_20090104213330.jpg                                                        011_convert_20090104213440.jpg

クラフトなお重にクラフトな鏡餅・・・・

気付けば年初めは娘とはじめるカルトナージュ第1弾となりました。

簡単なことの繰り返し、基本中の基本なのですが、ちゃんと採寸してカット!しなければ
綺麗な3段の重箱にはなってくれません。

1月もレッスン9日から始まります。

2009年もがんばりますので、よろしくお願いします。









vue de atelier*レッスン | 20:06:40
creations savoir faire -le salon des loisirs creatifs-
期間 2008年11月6日~10日
フランス最大の手工芸創作見本市が開催されました。
パッチワーク、刺繍、洋裁、カルトナージュ、額装、スクラップブッキング、
アバジュール、お料理、クラフト工芸と実にもろもろ趣味の見本市です。
毎年、私はこの見本市を楽しみに見に行く側でしたが、
今年はなんと!出展者(EXPOSANT)としてこの期間中ずぅ~と会場に
潜んでおりました。
我が家の仕事の一部で日本のデザイン会社と提携輸入販売を手がけ、新商品を
紹介するために出展いたしました。
IMG_4449.jpg
ありがたいことに大盛況の5日間でしたが、会場内に居れどもゆっくり他の出展品を見学して
周る時間がなく、毎年この見本市であれこれパリでも普段購入できないボタンや生地を
吟味しながら散財していくことの無い今年でした。
creation sqvoir fairecreation savoir faire (2)
楽しいデコレーションもたくさんありました。

昨日11月14日金曜日からはマリークレールの見本市が3日間規模を拡大して開催しています。
寒い冬は出かけるところも少なくなりつつありますが、一般の人が楽しめる見本市も
続々開催されています。
大規模なオーガニックの見本市もマリークレールの見本市と同日程で開催されており、
この週末はどこの見本市に出かけようか???迷っています。




journal*日々のできごと | 10:49:43
toile de Jouyはお好きですか?
pqnier jouy 229294976_p.jpg003.jpgtoile de jouy 003013.jpg
今も昔もこのtoile de Jouyの生地は生活の中で粋な存在。
カルトナージュやアバジュールにもさりげなく使ってみたくなります。

*写真一番左は初級のレッスンのための作品です。
*左から2番目はシャンゼリゼ大通りのPEUGEOTのショールームに10月終わりまで
飾られていた外装も内装もtoile de Jouyのモデル車です。
*真ん中のシャトー【chateau de l'Eglantine】はmusée de la Toile de Jouyです。
 Jouy-en-Josasというヴェルサイユのご近所の小さなこの町で
 Christophe-Philippe Oberkampfというドイツ人の青年が生地のマニュファクチャーを
 プロデュースし、永きに渡り世に残るToile de Jouyを残してくれたのです。
*右から2番目の生地はJOUYの中でも有名な【Le Lion Amoureux ou Léda】という
 1809年の作品です。神話の3つのエピソードをモチーフにしています。Jouy
 代表的な存在のデザイナーJean-Baptiste Huetの作品ですが作成の第一段階では
 Oberkampfの趣旨と合わず、年月をかけて完成品となったものです。
*右写真の展示品はマリーアントワネットがマダムロワイヤルとたわいない話をトリアノンで
 楽しんでいる一場面です。

生地は植物を飾った色彩豊かな生地もたくさんあります。
モチーフをどんな風に楽しむか?やっぱり素敵な生地ですね。



Musée de la toile de Jouyのご案内
http://www.jouy-en-josas.fr/infospratiques-musee.php

journal*日々のできごと | 20:29:24
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。