■derniere nouvelles
■categories
■galerie de photos

■calendrier

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■tags
■profils
■-inscription-mail

ご住所、お電話番号のない方へのお返事はご遠慮させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■archives
■links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
素敵な年末年始を・・・・
2013年もあっという間に終わってしまいました。
今年こそはゆっくりじっくり・・などと思っているのですが
日々慌ただしく過ぎて参りました。
相変わらずのスパルタなレッスンですがお付き合い頂きまして
ありがとうございました!
日本でもオランダでもアトリエでも口やかましいレッスンに
耐えていただいた貴重な作り手の皆様ですが,きっちり素敵な作品を
作っていただいたと自慢の作品ばかりで嬉しいです。
自画自賛大いに結構です!!
来年もさらにご自慢の一品製作お手伝いさせていただきます。

DSC02224_convert_20131224024324.jpg

Meilleurs Voeux 2014


スポンサーサイト
autres tiroirs | 00:52:06
モンマルトルに行くのなら・・・・・
カルトナージュやアバジュールには欠かせない生地を買いに
モンマルトルにぶらっと出かけていきます。

行きつけのお店には用がなくても毎回物色・・・・・。
そんなお店の一つにボタン屋があります。

IMG_5384.jpg
                          IMG_5373.jpg
IMG_5375.jpg

毎度、行くたびに日本からの大量購入があったとうれしげに語ってくれる。
一度に数千ユーロも購入してくれるって凄いですね。
日本人はここモンマルトルでも優良顧客ですなぁ~。

店内は色分けがが綺麗になされており、非常に選びやすい!
種類豊富でなんだか、飴玉でも選んでるような楽しい気分になれます♪

Dam Boutons

autres tiroirs | 19:02:14
ロバの乳・シリアのアレッポ・フランスのマルセイユ
さてこれは何でしょう?

答え ⇒石鹸です。

この1ヶ月あれこれとフェアに参加している間、どういうわけか
頭の中に浮かんだテーマが石鹸探求となったので
フェア参加中の家業の休憩時間を利用してはあちこちの石鹸屋を
リサーチして回った。
そんなフェア期間中、ホテルに帰ってほっと一息テレビを見ていたら
【ENVOYE SPECIAL】という毎週木曜日にやっている
昨今の問題点などをルポルタージュする番組でなんだかタイミングよく
石鹸の秘密と題した特集とぶつかった!

最近はどうやら自然派嗜好にあやかり石鹸生活が脚光を浴びつつあるようなのですが
流行の自然派石鹸屋の実態を紹介したり、実に正しい石鹸!とは????
と、かなり興味を引く内容となり、翌日フェアに出勤するのが俄然楽しみになってきた♪

IMG_5125_convert_20090603165247.jpg
これが固形石鹸の元祖 SAVON d'ALEP
4000年の歴史あるシリアのアレッポという都市で生まれた
オリーブと月桂樹のオイルを用い、含有量の高いものほど
質が高いとされている。
一般では40%の含有量物が高品質とされていますが
今回は60パーセント、70パーセント物を・・・・発見!
3昼夜、釜で焙り、30ヶ月は乾燥、熟成させたというアレッポ石鹸。
こんな風に表面が熟成して表面が変わっていくものが本物らしい。
これってチーズと同じですね。
元々は内部のような美しいオリーブ色。

まるで自然派石鹸の代表選手のようなマルセイユ石鹸も実はこのアレッポ石鹸
が基礎となっているらしい。
このフェアで生粋のマルセイユ石鹸屋さんに出会い、
石鹸について講義をしていただいたのだが
昨今はマルセイユ石鹸もまがい物が多いと嘆いていたのが印象的だった。
代々頑張ってるこの石鹸屋さんは今は自社工場で作っているらしいのですが
昔はおばあちゃんが釜で練り、焙り、固めた石鹸を暖炉の上で乾燥させてたので
いつも家中、まさに石鹸の香りがしていたと楽しそうに語っていました。

そして、数年前から気になっていたロバの乳石鹸!
ロバの乳は古代ローマ時代から栄養価の高い、女性の肌にもってこいの
お品だったとか?クレオパトラが愛用してたとか?
その類のお話も尽きないほどあるのですが、このロバの乳石鹸も過去に
テレビ番組で特集されていたのでちょっと手をだしてみました。
IMG_5128_convert_20090603165321.jpg


さすがに頭まで石鹸で洗うほど石鹸生活にどっぷり漬かれませんが石鹸生活楽しんでおります!






autres tiroirs | 09:24:27
流行は止められない~
1月7日から始まった6週間の長いセール期間も終わるので掘り出し物を探しに街にくりだした。

目的地のひとつはELANBACH

DSCF0337_convert_20090206222705.jpg
イギリス・ウェールズのファブリックショップがここパリにもある。上質で非常に豊かな色彩・・・
故Laura Ashleyの夫 Sir Bernard Ashleyが設立。
セール中なので、ちょっと気になっていた生地をお目当てに行ってみるとあらっ残念~セール対象外。
春夏物の生地がたくさん入荷されていて視点定まらず。
そんな中、手提げバック発見!
                          DSCF0343_convert_20090206222957.jpg

なにやら日本ではエコバックや手提げバックなるものが多く出回っているようですが
ここでも然り!
最近パリでもエコバック称する手提げバックをよく見かけます。
20うん年前はロンドン土産にハロッズの手提げで喜んでもらえた時代だったよね~と
母と思い出話・・・・。

Elanbachでも数種類の柄のバックが並んでいましたよ~。
かばんフェチの我が娘のためにひとつ購入。
お値段も9ユーロと購買意欲を掻き立てられる。
お店の人に「よく売れるでしょ?」と聞いたら「今日はあんたで29個目だ!」って。
まだ、お昼ちょっとすぎた間もない頃のお話でした。

(パリ店 108 rue du Bac Paris 75007)

autres tiroirs | 14:42:16
パワー頂戴いたします。
ずぼらで筆不精・・・不義理な私を見捨てずに相手にしてくれる友人がたくさんいます。
心の中では久しく離れている友人を思い出してはどうしているかな??
折に触れて思っているのですが・・・・

そんな私を見捨てないで消息を知らせてくれる一人 、料理研究科島本薫ちゃん
パリを離れて4~5年になりますが、日本に帰ったらすっかり大忙し。
出版物もどんどん増え、NHKの今日の料理に出演したり、大阪吉本の三大女優との競演?
ダレ?吉本三代女優って?っと突っ込みたくなるような番組に出演したり・・・・
笑わせてくれます。
                      978-4-579-20909-5.jpg
                     この本はパリで出会った頃の作品集

               ⇒料理研究家 島本薫の日常   ⇒HP petit a petit

彼女に会うと私もがんばらなくちゃ!とパワーを頂戴します。
自分の目指すものに邁進中の彼女・・・・・に比べてのほほん主婦の私。

先日、薫さんにHP作ったよ~♪とメールしたら早速、薫さんのHPでご紹介いただきました。
それも我がアパートのすぐ前のモンソー公園の画像入り!!だったので、ついでといっては
何なんですが約16年見慣れた公園をちらりとご案内します。
写真はコリント様式の柱に囲まれた池。園内は彫刻や歴史的な建造物(収税所など)と盛りたくさん
の公園です。1797年世界で初めて仏軍の将校がパラシュートで落下したところとしても有名です。
夏になると園内の芝生が開放されるので日の沈んでいく夜9時、10時頃まで
ににぎわっています。公園中央に立つと公園から一直線の凱旋門の一角がちらりと見え、
観光に疲れた人たちものんびりくつろぎにやってきます。
我が家にお越しの際はお立ち寄り必見!です。
・・・・・でも木枯らし吹く日中気温1度の公園は物悲しい~。


  pm                monceau

   コリント様式の柱                    木枯らしの年末





autres tiroirs | 14:04:59
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。