■derniere nouvelles
■categories
■galerie de photos

■calendrier

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■tags
■profils
■-inscription-mail

ご住所、お電話番号のない方へのお返事はご遠慮させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■archives
■links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お引越しいたします!【お知らせ】
16年ほど暮らした我がアパルトマンを今月いっぱいで引っ越します。
なので、アトリエもお引越しとなります。

レッスンに来てくださる皆様には引越し準備中の乱れた我が家を横目に
レッスン参加していただいております。
出来るだけご迷惑のかからぬように続行しながら
頑張りますのでよろしくお願いします。

新居と新アトリエはメトロ 3番線 quatre septembreから
徒歩65歩ほどとなります。

オペラガルニエからは徒歩5分のところに位置します。

新アトリエでのレッスンは6月30日からスタートいたします。
いつもは2ヶ月の長期ヴァカンスを頂戴いたしますが
今夏は引越しの片付け、所用等が私を待っておりますので
遠出のヴァカンスには出かけず、7月、8月も数日は
マッタリとレッスンさせていただくつもりでおります。
お暇な方は是非お越しください!

只今、死ぬ思いで引越し準備に明け暮れております!
初めての大きな引越しに戸惑い、引越しの先輩方々に
色々お話を伺いながら挑んでおります。

引越しをすると疲労で痩せられる!との朗報を楽しみに
がんばっておりますが『ここで倒れるわけには行かんぞ!』と
食事はしっかり摂取し、疲れると、夜中でもアイスクリームを
ほお張り、体重増の兆し・・・・です。

引き続き、よろしくお付き合いください!

お知らせでした。



スポンサーサイト
information*おしらせ | 22:42:02
こんな注文
先日、レッスン中に一本の電話が入ってきました。

『あのね~そのあんたの作ってる箱でティッシュボックス作ってくれない?』

私⇒もちろん、させていただきます!(汗)

『明日の朝ほしいんだよね・・・日本のポケットティッシュボックスぅ~。
 思いっきりJAPON風、う~ん京都風だな。よろしくね!』

いきなりの注文ですが断れませんでした。
私のパリ滞在17年間の始まり、始まりの空港に着いたときから
お世話になっているパリの母。
NO!とはいえず、4時間で作り上げ、翌朝には私の手元を離れていった
可愛い小箱ちゃん~♪
せめて写真だけでも・・・納めて見ました。
IMG_5090.jpg
         IMG_5092.jpg


久々に純和風も楽しい。
でもポケットティッシュって?なぜポケットティッシュ?フランスでそれってあり?
と頭では複雑な思い。
日本にはポケットティッシュボックスってあるのでしょうか?
ご存知の方は洒落た形を教えてください~!

ちなみにこの紙は以前ご紹介しましたAdeline Klamにて購入。

journal*日々のできごと | 11:15:11
ロバの乳・シリアのアレッポ・フランスのマルセイユ
さてこれは何でしょう?

答え ⇒石鹸です。

この1ヶ月あれこれとフェアに参加している間、どういうわけか
頭の中に浮かんだテーマが石鹸探求となったので
フェア参加中の家業の休憩時間を利用してはあちこちの石鹸屋を
リサーチして回った。
そんなフェア期間中、ホテルに帰ってほっと一息テレビを見ていたら
【ENVOYE SPECIAL】という毎週木曜日にやっている
昨今の問題点などをルポルタージュする番組でなんだかタイミングよく
石鹸の秘密と題した特集とぶつかった!

最近はどうやら自然派嗜好にあやかり石鹸生活が脚光を浴びつつあるようなのですが
流行の自然派石鹸屋の実態を紹介したり、実に正しい石鹸!とは????
と、かなり興味を引く内容となり、翌日フェアに出勤するのが俄然楽しみになってきた♪

IMG_5125_convert_20090603165247.jpg
これが固形石鹸の元祖 SAVON d'ALEP
4000年の歴史あるシリアのアレッポという都市で生まれた
オリーブと月桂樹のオイルを用い、含有量の高いものほど
質が高いとされている。
一般では40%の含有量物が高品質とされていますが
今回は60パーセント、70パーセント物を・・・・発見!
3昼夜、釜で焙り、30ヶ月は乾燥、熟成させたというアレッポ石鹸。
こんな風に表面が熟成して表面が変わっていくものが本物らしい。
これってチーズと同じですね。
元々は内部のような美しいオリーブ色。

まるで自然派石鹸の代表選手のようなマルセイユ石鹸も実はこのアレッポ石鹸
が基礎となっているらしい。
このフェアで生粋のマルセイユ石鹸屋さんに出会い、
石鹸について講義をしていただいたのだが
昨今はマルセイユ石鹸もまがい物が多いと嘆いていたのが印象的だった。
代々頑張ってるこの石鹸屋さんは今は自社工場で作っているらしいのですが
昔はおばあちゃんが釜で練り、焙り、固めた石鹸を暖炉の上で乾燥させてたので
いつも家中、まさに石鹸の香りがしていたと楽しそうに語っていました。

そして、数年前から気になっていたロバの乳石鹸!
ロバの乳は古代ローマ時代から栄養価の高い、女性の肌にもってこいの
お品だったとか?クレオパトラが愛用してたとか?
その類のお話も尽きないほどあるのですが、このロバの乳石鹸も過去に
テレビ番組で特集されていたのでちょっと手をだしてみました。
IMG_5128_convert_20090603165321.jpg


さすがに頭まで石鹸で洗うほど石鹸生活にどっぷり漬かれませんが石鹸生活楽しんでおります!






autres tiroirs | 09:24:27

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。