■derniere nouvelles
■categories
■galerie de photos

■calendrier

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■tags
■profils
■-inscription-mail

ご住所、お電話番号のない方へのお返事はご遠慮させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■archives
■links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
慣れた頃に訪れる
イギリスからいつも来てくれるS美ちゃん。
お教室一番のベテランサン・・・・!
今回も素敵な作品を作ってくださいました。

DSC01635_R_20121008194552.jpg
DSC01640_R_20121008194549.jpg
DSC01638_R_20121008194550.jpg
TILDAって感じで可愛いですね。
中のトレーの取っ手も柄に合わせて鳥さん型を開けてみました。

そんなこんな次の作品に取りかかっていたところ、きゃ~やっちゃった!
手をカッターでスライス・・・・・・(血が怖い私は消毒液やガーゼを持ってきてあげるだけ)
近所の薬局に行ってもらったら、おばちゃんが親切に手当てしてくれたそうで
「明日もおいで~」と面倒を見てくれましたって。
結局、2日後にイギリスに帰ったら縫ってもらったと連絡がありました。
病院関係者の彼女は外科の友達も多く…大事に至らなかったらしい。
一安心いたしました!
そうなんです~初心の頃よりカルトン切るのがすっかり慣れたぐらいが
一番危険かもしれませんね。
やっぱり集中と緊張が大事かも・・・。
1年半ほど前に私も同様の経験有りです。
スポンサーサイト


vue de atelier*レッスン | 11:59:11

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。