■derniere nouvelles
■categories
■galerie de photos

■calendrier

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■tags
■profils
■-inscription-mail

ご住所、お電話番号のない方へのお返事はご遠慮させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■archives
■links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
セット作品いかがでしょうか?
カルトナージュを学び始めの頃はあれこれと素材を買い散らす
傾向にあります。色々なモチーフ柄で試したくなりワクワクしながら
色合わせを楽しんでいらっしゃいます。
私も習い始めの頃の作品はどれもこれも違う柄を使っていました。
一つには次々と素敵な生地やモチーフパーパーに出会うから・・・。
それによって今作品に使っている生地に飽きてしまう。
それぞれ素敵な作品は仕上がりますが何か足りない事に気づきます。
全体の統一感!
選んだ素材で根気よく何作か仕上げて行く御方をみると
たまには少し感じを変えてみない?とのどまで出そうになりますが
実は素敵な作品群に仕上がる想像がつき、じっと傍観しております。
IMG_1304.jpg
IMG_1305.jpg


先月、日本にご帰国なさった方にタティングレースの講師をしていらっしゃった方が
いらっしゃいました。
お越し下さるまでタティングレースの存在を知りませんでしたが
ヨーロッパの伝統手芸の一つ、イギリスを中心に発展した由緒あるレース手芸だそうです。
夏に日本に帰国した際、にわかに人気の手芸になりつつある現場を
偶然見る事もできました。
最近は身につけるアクセサリーにアレンジしてみたり多様化させながら
タティングレースを楽しむ事が出来るようです。
カルトナージュにももちろん合わせ技で素敵に装飾できます。
すでに日本にご帰国(京都)されましたがすでにお忙しくレッスンしていらっしゃるのではないかと
思います。次回、私も帰国時は京都での合同レッスンなど企画中です!

IMG_1312.jpg
スポンサーサイト


vue de atelier*レッスン | 16:38:22

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。