■derniere nouvelles
■categories
■galerie de photos

■calendrier

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■tags
■profils
■-inscription-mail

ご住所、お電話番号のない方へのお返事はご遠慮させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■archives
■links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロバの乳・シリアのアレッポ・フランスのマルセイユ
さてこれは何でしょう?

答え ⇒石鹸です。

この1ヶ月あれこれとフェアに参加している間、どういうわけか
頭の中に浮かんだテーマが石鹸探求となったので
フェア参加中の家業の休憩時間を利用してはあちこちの石鹸屋を
リサーチして回った。
そんなフェア期間中、ホテルに帰ってほっと一息テレビを見ていたら
【ENVOYE SPECIAL】という毎週木曜日にやっている
昨今の問題点などをルポルタージュする番組でなんだかタイミングよく
石鹸の秘密と題した特集とぶつかった!

最近はどうやら自然派嗜好にあやかり石鹸生活が脚光を浴びつつあるようなのですが
流行の自然派石鹸屋の実態を紹介したり、実に正しい石鹸!とは????
と、かなり興味を引く内容となり、翌日フェアに出勤するのが俄然楽しみになってきた♪

IMG_5125_convert_20090603165247.jpg
これが固形石鹸の元祖 SAVON d'ALEP
4000年の歴史あるシリアのアレッポという都市で生まれた
オリーブと月桂樹のオイルを用い、含有量の高いものほど
質が高いとされている。
一般では40%の含有量物が高品質とされていますが
今回は60パーセント、70パーセント物を・・・・発見!
3昼夜、釜で焙り、30ヶ月は乾燥、熟成させたというアレッポ石鹸。
こんな風に表面が熟成して表面が変わっていくものが本物らしい。
これってチーズと同じですね。
元々は内部のような美しいオリーブ色。

まるで自然派石鹸の代表選手のようなマルセイユ石鹸も実はこのアレッポ石鹸
が基礎となっているらしい。
このフェアで生粋のマルセイユ石鹸屋さんに出会い、
石鹸について講義をしていただいたのだが
昨今はマルセイユ石鹸もまがい物が多いと嘆いていたのが印象的だった。
代々頑張ってるこの石鹸屋さんは今は自社工場で作っているらしいのですが
昔はおばあちゃんが釜で練り、焙り、固めた石鹸を暖炉の上で乾燥させてたので
いつも家中、まさに石鹸の香りがしていたと楽しそうに語っていました。

そして、数年前から気になっていたロバの乳石鹸!
ロバの乳は古代ローマ時代から栄養価の高い、女性の肌にもってこいの
お品だったとか?クレオパトラが愛用してたとか?
その類のお話も尽きないほどあるのですが、このロバの乳石鹸も過去に
テレビ番組で特集されていたのでちょっと手をだしてみました。
IMG_5128_convert_20090603165321.jpg


さすがに頭まで石鹸で洗うほど石鹸生活にどっぷり漬かれませんが石鹸生活楽しんでおります!




スポンサーサイト


autres tiroirs | 09:24:27

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。